いろは。

手帳・文具中心の雑記系ウェブログ。

筆記具

木軸ペンの魅力について

「目撃しましたよ」とか不穏な空気で話しかけられることがある。実に微妙な立場で私生活を隠匿しているので、プライベートを見られるとまるで幸せを運ぶ座敷童みたいな扱いを受ける。

黒と青の選択

手帳にこだわるひとは、当然の帰結としてそれに書き込む筆記具にもこだわるだろう。ペンというツールに限ってみても、ペンシル派、ボールペン派、万年筆派とあり、別の切り分け方としてロマン派(機能などよりもブランド・デザイン重視)と効率派(安かろう…

CROSS Edgeのジェスト化

つい今日のことですがネットの記事で、大学受験の定番「赤本(過去問集)」コーナーのすぐ横にアダルトコーナーを設置しているジェットストリームな本屋さんが話題になっていた。

クルトガの憂鬱 ―ADVANCEとローレット―

N書きやすい『クルトガ』 古今東西にはバラエティ豊かな迷惑メールが氾濫していると思うが、私のメールアドレスには「引っ越し侍」なる送り主から、相当数のスパムメールを頂戴する。しかもその一通一通が、名前の通り引っ越しに関する情報ばかりであり、色…

シーンを問わないパーフェクトペン_Dr.Grip4+1(PILOT)

結果にコミットするのは勝手ですが、さすがに異性とコミットできないのは致命的と言わざるを得ない。昨日における異性とのコミットは、糸とかを武器に戦いそうな化粧の濃い女性にやたらとATMを待たされた、ことくらいです。いくらなんでも、あんまりだ。 は…

最強の落書きツール_Scribble(LAMY)

「お前はどこのタイプだ?」 と問われれば、私は間違いなくグリフィンドール寮生でして、帽子がなんといおうがスリザリンからグリフィンドールでの居候も辞さない構えです。かつて、居酒屋にてマドラーを指先で掴み、タクトでもふるうようなしぐさで、 『ウ…

ポケットに収まるドイツの英知 ― Pico(LAMY)

2016年の月も2桁に突入しました。肌寒い季節がやってきましたが、常に財布や預金口座といった、「南極大陸もかくや」みたいな寒さをポケットやカバンに入れて持ち歩いているのでなんのそのです。 2桁の月と言えば、Xmas!楽しみで仕方がありません。特に頭…

自由なドローイングを可能に― ScRipt (RHODIA)

もし、自分に筆力があるなら、紙と手帳を武器にバトルする青少年どものライトノベルを書いて、流行を造り出す。そして、空前の万年筆ブームやシステム手帳回帰が起こり、その火付け役としてインタビューとか受けて女子高生たちに空前絶後の人気を誇り、ファ…