いろは。

手帳・文具中心の雑記系ウェブログ。

複雑系

 仕事だけに関わらず、日々色んな諸問題が渦巻いている。中には無視していいような問題から、放っておくとのっぴきならない状況へ追い込まれる問題まで様々だ。私たちはことごとく問題を発見し、それらを解決してよりよい人生を送っていかなければならない。

  問題の発見の仕方およびその原因を探るための仮説思考、検証などによる掘り下げ方は、主にノートなどの紙を使用して勧めていくが、詳細はひとまず置きたい。

  問題の核心にあたりをつけるため、ピラミッドストラクチャーやロジックツリーと呼ばれるフレームワークで原因を深堀りしていく手法がある。これはシンプルなロジックで構成されているなら有効なのだろうが、現代社会は複雑系の中にある。

 

 複雑系とは読んで字の如くで、相互や全体に種々の要因がくんずほぐれつしていて、曼荼羅とか四十八手春画図鑑のようなアクロバティックな組み合わせになっている系のことだ。風が吹けば桶屋が儲かるし、蝶が羽ばたけば飢餓が起こり、卑猥図書を見れば下半身で地鎮祭が執り行われる。今の世の中は論理だけで明確につなげられるほど単純ではない。今日もそうだった。

 

 問題の発見方法にはいくつかの類型がある。今日は私の中で「露呈」というもので、仕事中とにかく眠かった。露呈の場合は特に問題を探らずとも、向こうの方から見つかる前に強過ぎる自己主張を提げてくる。とある人々が出張で不在になっており、朝から一切の会話がなかった。経理ソフトのクリック音、計算用紙にペンを走らせる音。それだけが流れていて、途中から般若心経とかでもいいから幻聴を願ったほどだった。

 しかし常日頃、それくらいで睡魔に襲われるようなパリピ生活を送っているわけではない。この症状には、予想を大きく上回るような深刻な問題が潜んでいるのではないかと私の第六感が囁いたのだ。

 

 まず眠いことははっきりしている。ここから要因を検討、分類して仮説を立て、それが正しいかどうか検証していく。仮説が正しいならば、その解決策を考え実行する。必要なのは紙とペンだ。あとはフレームワークを書いて試行錯誤の繰り返しで問題の本質を掘り起こす。

■■■■

 けどまぁ掘り起こすまでもなく寝不足ですよね。睡眠時間が足りてないから睡魔の誘惑に落ちそうになる。なぜならば昨日は夜中の1時半過ぎに、アフガニスタンに単騎特攻したランボーな雰囲気でエアコンのフィルターを掃除していたからそれが原因に違いない。ではなぜそんな時間からフィルター掃除を始めたのか。

 

 昨日、家路についたとき、一通のメールがスマホに表示されていた。現代ではeコマース×マーケティング×Web技術といった叶姉妹+αな勢いでぶいぶい欲求を刺激するのがうまい。

 購入履歴、閲覧履歴からおそらくAIが割りだしたとしか思えない、恐るべき精度で私の性癖をピンポイント貫通する、セール品や最新作品入荷のお知らせメールだ。日々、素人、寝取られなどビッグなお世話とも言えるきめ細かいワードで検索を積み重ねてきただけに、送られてくるメールのラインナップも強烈無比。同じ女優の出演作品紹介などがさりげなくメールに華を添える。さっそく帰り道にライセンスを購入してしまった私は、家に帰るとそのまま悟りを開かんとする即身仏一歩手前の状態までコンディションを持っていった。

 

 コトガスミ、しばらくは隙あらば神について語り出すロシア文学とかに思いを馳せていたのだけど、結構な時間を浪費していることに気が付いた。そもそも夕食を摂らなければ。遅い時間に夕食を摂る。テレビのゴールデンタイムは終わっていた。そこで私はインターネット番組のサービスにつないで、自分がクリップしておいた作品を観ることにした。よし、「エイリアンVSプレデター」だ。自分を鼓舞する以外に途はない。

 

 そうしてクライマックスでプレデターがエイリアンの女王を倒すところで唯一のオーディエンスたる私のボルテージもMAX。気分はプレデターである。当然の帰結としてプレデターごっこに興じていたところ、どうもエアコンの効きが悪く、暑くてたまらない。そっとエアコンのカバーを開いてみると、こんもりと埃が絡まったフィルターがコンニチワしてきた。こちらはボルテージMAXのプレデター状態である。一心不乱にクリーニングにいそしむ結果となった。

 

 思えば世の中、いろんなものが複雑系だ。女心っていうのだって、その中で奇想天外な複雑な変化を見せる。だからこそどんな問題が引き起こされるか分からない。少なくとも、平日はさっさと寝るべきという結論が見いだされたので、みんなにシェアしようと思います。