いろは。

手帳・文具中心の雑記系ウェブログ。

バレットジャーナルとハコモノ

このごろノートに憧れる。手帳をこよなく愛し、とりわけシステム手帳とは蜜月の関係を築いておきながらノートに憧れる。現実社会ならば民事裁判とかで慰謝料的なものを要求されても致し方ないくらいの貞操観だ。

 

ときにバレットジャーナルについて。一週間は誰にでも等しく7日間あるのだけど、内容や充実度はアンバランスだったりする。忙殺される日があり、週末に備えて体力温存のため、仕事をしつつネットの荒波をかき分けたり、口から十二指腸的なものがぽろっとはみ出てきそうな気配すら漂いそうにぼーっとしているときもある。

 

その点、バレットジャーナルは自由気ままに使えてとてもいい。ただ一つだけ障害がある。システム手帳病により、中に突っ込まなければ気が済まないのである。

どこぞの性欲を持て余して、全国放送のニュースに躍り出そうな発言だけど、システム手帳の究極はオールインワンであるゆえに、とにかく一つに収めたい。

 

そこで私が欲しいのは、システム手帳専用のバレットジャーナルノートだ。いまはNOLTYを突っ込んでスケジュール関連の管理を任せているのだけど、あれが全てドット方眼だったりすると、出しちゃいけないものをぽろっと出しちゃって歓喜する。

しかし、フェイクレザーでもなんでもああいうしっかりしたカバーのついたハンディサイズのノートがないのである。

 

システム手帳に挟み込めるというのは、マーケティングの観点から見ても、せいぜいリフィルと少しのフィールドで競合するくらいだろう。ジブン手帳でもほぼ日でも、システム手帳バイブル用などのサイズで出せば、バインダーと綴じ手帳は競合しない。

私は適度な量のノートを自由に使いたいので、能率協会あたりがハンディなバレットジャーナルノートを出してくれて、それをシステム手帳に挟み込める日が来るのを待ち望んでいる。

 

バレットジャーナルはその自由さゆえに、インスタグラムやツイッターで検索すると、多摩美の文化祭みたいな様相を呈している。

率直な感想として、ハコモノ行政という言葉が脳裏をよぎった。ハコモノ行政とは公共事業において施設や設備の設置そのものが目的となっている状態を揶揄したことばだ。

具体的にいうと、予算を使い切らないとカットされるからとりあえず湯水のごとくじゃぶじゃぶ使うのも手間がかかるんでとりあえずビル建てた、みたいなものである。

 

そのハコモノの中になにがあるのかというと、崇高な理念とかその地域の未来への希望、壮大な展望とかである。

国民から義務と称して徴収する税金で、民間にはできない規模のものをぶいぶい言わせながら立てていく。まさしくハコモノ行政なのである。

 

綺麗に彩られてはばかることなくネットに公開されている写真を見ていると、その言葉が想起されるのである。

けれど悲観的ではない。綺麗な、アーティスティックな容れ物、キャパがあるのだから、入れるものを充実させていけばいい。もはや綺麗で手が込んでいてもモザイク処理を要するような内容に昇華していく余地は多いにあるだろう。

 

とはいえ私のように無骨で性欲の権化、または内面観音開きのような使い方ばかりしていても殺風景だ。気分転換になるような華やかさは必要かもしれない。

 

f:id:Salsa0812:20171108012846j:imagef:id:Salsa0812:20171108012926j:image

 

インスタ映えページですら男らしすぎる。むしろ漢と表記した方がしっくりき、その手帳はほらがいの音とかを奏でそうな勢いである。バランスというのは何事にもおいても難しいものだ。

 

それにしても。ほんとにシステム手帳用のバレットジャーナルノートがほしくてたまらない。

 

手帳の法則 その1

そろそろシステム手帳に、チャペルとかに備え付けてありそうな羽根ペンでも差して周囲のユーザーの度肝を抜き、圧倒的な独走態勢に入らなければならない。とか思っていたが、冬で周りは帽子を被り始めた人も多い。しかし、羽根があしらわれた帽子の持ち主はとんと見ない。

 

羽根ペンをさして、持ち主と共に世間体から飛んで行きそうな手帳を投稿してもさらに浮くだけという事態が懸念されて中止の英断に至った。

 

いまは朝7時を少しまわり、私はカフェで朝食をとっている。私の他には見知らぬおっさんが一人。なんの気概なくオレンジジュースを飲みながらトーストをもぐもぐしていると、さらにおっさんが二人入ってきた。

 

見知らぬおっさんが倍になるという惨状にもめげずに朝食をとっていると、ひとりのおっさんが手帳を取り出してめくり出した。

卑猥なものでもでてくるかに思われたが、ページには走り書きばかりで、それもかなり使い込まれていた。なんと魅力的な手帳だろう。

 

ほぼ日やジブン手帳でも、能率ゴールドでもない。名前も知らないようなただ使い込まれた手帳に底知れぬ魅力を感じた。

手帳好きというわけでもなさそうだ。ただ、仕方なく必要に迫れて手帳を使い込んでいる。そんな感じだ。写真を撮らせてくれという勇気もないが、隠し撮りしてもおっさんと手帳のコラボ写真しか撮れぬ。そんな自分の無力さとジャーナリストの違いを肌で感じた朝だった。

 

今日のスケジュールは完璧に手帳に記してある。ただ、いつもの時間より40分早めに職場に到着しなければならない。その結果、始発で家の最寄駅から繰り出すというボリショイサーカスみたいな出勤を余儀なくされていた。

どんだけスケジュールを精密に組み立て、それを把握していても自分の能力や体力がついていけるかは別問題である。

 

見知らぬおっさんの手帳から立ち込める、底知れない魅力に打ちひしがれながら店内を後にし、眠い目をこすりながら会社へと向かう。

店を出ると、ひとりのJKがいた。化粧や垢抜け具合から見るに、彼氏と交わった日を手帳のスケジュール欄にハートで書いてそうだけどそもそも彼氏がいなくて体重を書いてそうなJKである。やはり、、

 

「見知らぬおっさんが、仕方なく使い込んでいる手帳」のみりょくが凄まじい。私もあの高みを目指していかなければならない。

まずは見知らぬおっさんになることが第一歩である、と確認しながら出勤した。

タスクコントロール

 あれ?彼女ってAKBのメンバーだっけ?って錯覚してしかねないような塩対応を献上されて、プリキュアを志す者として相応の対応を返そうかとも思ったのですが、愛の戦士としてグっと我慢したことは言うまでもありません。

 みんな忙しい時期は余裕がない。

続きを読む

日経ビジネス Associeは限界かもしれない

Twitterのタイムラインが賑やかになった。そう、日経ビジネスAssocieの手帳特集発売日だったからだ。

意識高い人から高い系、他界系まで幅広く読まれている雑誌だが、毎年手帳とノートの特集号だけを買う。なので毎年恒例で今年も買ってきた。

f:id:Salsa0812:20171011193804j:image

一通り読み終えたところでふと「シス手研」のタグを運用し始めたころのことを思いだした。特に参加票などの条件を付けず、なかなか陽の目を見ないシステム手帳ユーザー同士で情報を共有できる形にして、いろんな手帳が集まった。バインダーは違っても形態は共通であり、中身は自由に変えられる。どんなバインダーのユーザーであっても参考にできるというシステム手帳の強みも手伝い、幅広い情報が集まるようになった。タグを検索すればいろんな事例を見つけることができるだろう。

 

そんなシステム手帳の情報をながめていた。今回記事を読むとシステム手帳ユーザーも掲載されていた。

しかし、シス手研タグに比べるとどうしても情報が浅すぎる。目新しいこともなく、ひたすら基本をなぞるような使い方が掲載される。これではシステム手帳の魅力の一端も伝えることができないのではないか。

 

システム手帳は愛好家が集まれば活発な情報交換ができ、その運用のどれもが取り込んでアップデートすることが可能で、またいつからでも始められる。そんな特性を生かしてきたタグの運用から、大きく発展した。

 

またシステム手帳に相性のいい文具もあわせて紹介され、充実したラインナップができあがっている。これはひとえに誰かひとりのユーザーというわけでなく、愛用家が集まって情報を結集した結果だろう。

 

一人一人に焦点をあてる特集では、著名人の手帳はまた話題性から別としても、手帳の紹介としては限界に来ているように思う。ビジネマンにとっては参考になっても、手帳愛好家からみればどこか物足りなさを感じずにはいられない。付録がよかった。その一言で終わってしまうのだ。

 

f:id:Salsa0812:20171011194408j:image

 

システム手帳Styleの発売も予定されているようだが、その内容に期待したい。いまやシス手研タグは広がりをみせ、これからも進化し続けるアーカイブになるかと思う。

 

日経ビジネスAsocieの手帳特集は、限界に来ているのかもしれない。

ビジネスアタック

日々、メモやノートや手帳をペンでこねくりまわし、得体の知れないアイデアを練ってきた。アイデアを求められるようなクリエイティブな仕事ではない。むしろ対極に位置する。そんな私が何のアイデアを練ってきたのか。それは他ならない。私が豊かで贅沢な暮らしをするためにお金を稼ぐアイデアである。

 

お金を稼ぐというと聞こえはいいが、つまるところ他の人の所得をつまみ出すためのアイデアということだ。それがwin_winの関係で気持ちよくお金を出すのか、知らないうちに搾り取られているのか。後者は主に、異性器のように年取ったら拝み倒したくなるような、複雑怪奇な契約体系で搾り取る携帯キャリアのような事業だ。どんな手段であれ、人の財布から自分の懐にお金を移すことを「稼ぐ」という。

 

お金を稼ぐ上で大事なのはターゲットだ。例えばワンピースとかに出てきそうなくらい荒稼ぎしている「あな◯手帳」とか、羨ましすぎて鼻血が出そうになる。

そのほかにも、マルチを構築して不労所得を得たりだとか、他の人からお金を掠めとる手法はいくらでもある。

 

つまりターゲットは、容易に財布を開く層だろう。なに、異性は全く足を開いてくれないが、財布は異性同性分け隔てなく開くだろう。方法によっては。

 

数日前、病んでるのか何なのか自分でも分からないが、数時間に及ぶ「金正男の暗殺」について情報を追った番組を観ていた。視聴し終わった暁には、北朝鮮の裏側を垣間見た気になって、かの国ならば見せしめに処刑されても違和感がないほど詳しくなってしまった。にわか北朝鮮通の誕生である。

 

知的好奇心を煽られてひたすらに独裁国の情勢とスキャンダルを観てしまったのだが、要するに私が北朝鮮について情弱だからハマってしまったのである。人はハマるとお金や時間を差し出しやすくなる生き物だ。ソーシャルゲームしかり。

現実世界では青びょうたんの顔とモヤシな体のようなキメラであっても、ゲームの世界では筋骨隆々のハンターとして、人知を超えた非常識なモンスターにやれ刀だ弓だで向かっていく人々がいるように。

 

つまり情弱を狙えばお金を稼げるのではないか?しかしながら「情弱」ということばが辞書に載って解説されそうな昨今、そんな存在はなかなかいないのかもしれない。よく分からないことがあればスマホで検索し、得体の知れないものがあればカメラで写して拡散し、とかく情報が氾濫する時代。それらに触れずして自分で物事を決める人というのは、相当に頭が切れるものか阿呆かのどちらかである。

 

ならばと考える。情弱を探すより、情報が少ないジャンルで考えてフィールドを絞ってはどうか。コペルニクス的転回の思考で私は考えた。さすがである。

彼氏を逃したくないときには避妊具を付けずにことに及び、事後速やかに壁倒立を限界までしていれば重力に抗えず妊娠しやすい。という理論を吹聴して、顰蹙とともに「性教育小学生からやり直せ」という論評を賜っただけのことはある。

 

ではどのような分野に絞れば良いか。1つのキーワードは芸術であろう。ときに幼稚園児が描いたような絵画が、肉眼が飛び出かねない高額で落札されたりする。これは芸術の価値に明確な、あるいは客観的な基準がないからだ。

例えば私が奇声を発しながら絵の具を筆で叩きつける。それは芸術でも何でもないかも知れないけど、どこかネジの飛んだ人が高額で落札する。その話題を書いた人は、何でもない絵の具の飛び散った紙が、芸術的な何かに見えてくるかも知れない。

 

私が熟考した結果が出た。盆栽である。とにかく盆栽を育て、知ったかぶりしながら自画自賛しつつ、ものすごい価格で出品する。

芸術的で小さな木。しかし、その基準を知る人はあまりいないだろう。私もその一人である。とにかく枯れてなけりゃいいんだろ?みたいな勢いで育て、作り込み、自ら芸術的価値があると宣伝して高値でうる。そしたらもう、あとは勢いで売りさばいて、その収入をもと与沢翼的な飛躍を遂げて、秒速で数万円稼ぐような小金持ちになるのである!!

 

という妄想をしながら、明日の出勤に打ち震えています。そろそろ平成の一揆を起こそうか。政治はどうでもいいけど、年金で僕から搾り取らないで!もともとスズメの涙の収入なのよ!

まだまだ楽な暮らしになる日は遠いようです。

 

アイデアとメモ

一期一会という言葉があるが、それは人と人との間にだけ成立するものではない。私たちの頭は非常に良くできていて、それゆえに穴も多かったりする。

 

人から受けた恩は忘れやすく、人からしてやられた恨みつらみだけは根強く残るし、綺麗な思い出は積もるにつれて美化され、思い出したくない記憶は隅に追いやられやがえ消えゆく。

私の人生の中で数少ない恋愛遍歴は、結婚というとりあえずのハッピーエンドを迎えない限りは、ほろ苦い結末ばかりを迎えることになるだろう。けれどそれを隅に追いやって消していては、私が傷つきながらも得てきたものも同時に消して行くことになる。

 

そこで傷つきながら何を得てきたのか?と自問すると、特筆すべきことは何もないように思う。恋は人を盲目と詩人にするらしい。恋愛で踊り狂っていたころの私も例に漏れず、眼を見張るような詩を生み出し、恋の終焉とともに黒歴史と化してきた。

 

生きていれば、自分を傷つけるのは恋愛だけではない。友人関係、人間関係、さまざまなことで私たちは悩み、もがき、そして傷付く。傷を癒すには治療が必要で、傷を作らないためには過去の記憶から学ぶほかない。

そこで過去の記憶を保存しようとする。これまでに受けてきた傷は、これからを生き抜くため。そうして過去を保存し、引きずりながら生きている。

 

ところで私の修行している空手にかかわらず日本の芸事には『残心』という概念がある。武道においては倒した相手にも油断せずに心を残し、反撃に備える。残心を解かない。茶道や華道、書道においては余韻をひく。心を残し、次のものへと生かす心構えだ。

 

思えば恋愛においても、残心があるように思う。それは未練という言葉で言われるけれども、ときどき私が記事でも触れるよう、過去にこっぴどくフラれた彼女について書くことがある。これも立派な残心であろう。

私は、あの聖夜一週間前にフィニッシュを決められた、彼女からの怒涛の乗り換え工作に翻弄された。通話専用に新たに契約して送った携帯電話は二度と電源が入らず、メールも華麗な既読スルー。ついには、ボーナスで焼肉を振舞っていた弟一人を店内に残し、別れ話を炸裂させられた。結構な焼肉コースだったが、私が口にしたのはカルピスウォーター一杯だけという散々たるものだった。

 

話せなくてもいい、触れ合えなくてもいい。だからせめてもう一度彼女に会いたい。素直にそう思う。幾らかの時を経て再開すれば、また違った形でこれから始まることがないだろうか。いや、違う。私はこれからの可能性などすべて捨てても彼女に会いたい。会ってこの目で、彼女を見たい。そして渾身のローキックをお見舞いしてやりたい。ゆえに、残心を解かないでいるのだ。

 

頭に浮かぶすべてのことも一期一会である。これは!と思うものが浮かんだらすぐに書き留めなければならない。さもなくば、どんな斬新なアイデアも、ドバイあたりでハーレム建造に着手できるような富豪になるアイデアも、泡沫の彼方に消えてしまう。

だから私はメモや筆記具にこだわる。思い立った時にすぐに記すことができる。その一点だけがまず大事なのである。

 

たかが紙。たかがペン。それは真実であり、それ以上でも以下でもない。けれど頭に浮かんだ一期一会の思考を書き取ったとき、それはかけがえのない価値を付与された紙になる。もう二度と同じものはこの世に現れないからだ。

 

そのようにしてこれまで数多のメモを取ってきた。そのほとんどがボツというか、人知れず生まれて、人知れず消えてきた。しかし、ごく一部がブログとして形を残し、記事という形に昇華されてきた。

 

そこで役目を終えたメモたちを見返してみると、おっぱいについての哲学や、異性をテキストで籠絡するための理論、気になったAV女優の名前や別名義出演変換表といった、過去の自分をブン殴りたい衝動に駆られるものが多い。この数十年間、私は何をしてきたのか。

 

昔の人は豊かな感情と感受性によって、時には五七五七七のわずか31文字で異性を籠絡する豪の者がいた。現在、この記事が1676文字である。おおよそ昔の人の50倍の文字を駆使して、己の煩悩を余すとこなく披露することに成功している。成功といいつつ何も得るものはないどころか、変態の地位をより確固たるものにする以外の働きがない。

 

話は飛ぶが、どじょう鍋をご存知だろうか。鍋に水を張り、豆腐を切らずに入れ、どじょうを入れる。火でグツグツ煮ると、その熱さからどじょうが豆腐の中に総員退避する。しかしそのままグツグツ煮えて、どうじょうが詰まった煮豆腐ができあがるという。

ある日、家族の祝い事があり、うなぎを食べた。実家では産地のわからないうなぎは食べない。食べるときは必ず、地域の老舗のうなぎ屋だった。

 

この世のアイデアとは、既存の要素の新しい組み合わせでしたかない。それはどこでどう組み合わさるか、分からない。

私のアイデアはうなぎ屋で降りてきた。口に出すのも憚れるが、避妊具に生きたうなぎをかぶせ、あろうことか異性に突っ込んではどうかというアイデアである。雷に打たれつつ、速やかにしかるべき治療を要するようなアイデアを私はメモにとった。彼女からは、侮蔑、軽蔑、嫌悪、正気を疑う、距離を置かれるといったさまざまな負の要素が渾然一体の冷たい視線となって、私を貫いた。思えばこの頃から距離と溝は深まっていったような気がする。以来、この禁断のメモは封印した。

 

のちにこのアイデアは、大学時代『経済学部の風俗博士課程』の異名をとっていた友人から一蹴されることになる。「中国ですでにそういうのやってるぞ。過去にはそれに似た拷問もあったようだ」と、動画を見せながら、過去の拷問史について滔々と解説された。

 

自身では空前絶後のアイデアと思っていても、世界は広い。すでに試した人々がいる。人類の英知は侮れない。私はそう思ったが、自分の頭に浮かんできたことに意味がある。そう思って、日々のメモをとるようにしている。

システム手帳の存在

 Twitterの「手帳ゆる友」タグでは、たくさん写真が流れてくる。それはもう、「ゆるい」という言葉の定義を逸脱する勢いで疾風怒濤の趣が感じられるレベル。しかしふと思った。この「ゆる」とは、「手帳を『ゆる』く使っている」人たちのことではないだろうか。

続きを読む

雑記

雑記ブログを標榜しながら、その実たくましい妄想と卑猥な内容を連綿と綴る当ブログであるが、思い立ったのを気に雑記を書いてみることにした。

 

そもそも日記と雑記は異なり、日々の出来事を記す日記に対して、雑記は一貫性のない事物に対する所感などを書き記すものである。

日頃、ストイックに因数分解していくと『妄想と卑猥』に集約されるほど隠せない一貫性で貫かれたこの『いろは。』は、卑猥web帳面であり、ときどき思い出したように手帳などについて書く。今日はあえてその二大キーワードを封印して書き散らしてみたい。

 

◼︎デルガード

デルガードのグリップ部が金属になったモデルを見かけて購入した。見た目それなりの高級感があるが、なによりこのペンシルは折れる心配なくガシガシ書き込めるのがいい。

f:id:Salsa0812:20171004071840j:image

ペンシルを介して紙を思考で刻む感触が心地いい。読書のメモ、思いついたこと、上司への文句。ジャンル隔てなく、ペンシルは思考を紙に描き出してくれる。

 

ペンシルといえば、LAMYのスクラブルや2000なども持っている。値段でいえばデルガードの5倍ほど。にもかかわらず、『書く』という機能に尖ったデルガードには高級さも叶わない。

本質は「書く」という行為なので、そこが一番大事だ。特許などの関係も多分にあると思うが、LAMYのようなデザインに特化したペンシルが、書くことに特化したデルガードやクルトガの機構を兼ね備えたらどうだろう。想像するだけでいろんなところが乱立しかねない。

 

もしくは、PILOTのLEGNO。木軸で手に馴染みやすいフォルムからは二色とペンシルが飛び出す。これからクルトガやデルガードの機構が飛び出たらどうだろう。やはりいろんなところが乱立するのを免れない。

 

往々にして文具愛好家たちは、理想の組み合わせがありながらそれが世に出ることはないことを知り、だからこそ理想に向かって絶えず徘徊するのである。一度、コラボレーションでそういうペンシルを出してみてはどうか。それを公約に出馬したいと思った。

 

 

◼︎希望と幸福

キャラ被りは作品内で致命的とされる。しかし、そのキャラ被りを私たちは日々、最近のマスコミで見せつけられる。

私には希望の党幸福実現党の見分けがつかない。幸福実現すなわち希望ではないか。いい加減、見知らぬおっさんやおばさんが繰り広げる政治的やりとりなど遥か遠くに置き去りにして「キャラ被り」という言葉が頭にのしかかる。

 

希望の党はともかくとして、党首は都政をないがしろにしていないか。都民の投票で選出されておきながらこの仕打ちである。私は怒りに打ち震えたが、そもそも私は都民でもなんでもない。打ち震える資格などないことが怒りに拍車をかけた。「出馬しなくてもいいから、楽して大金がもらえてちやほやされてえ!」と呟いてみる。そのためのアイデアを日々探しながら練っているのだが、暗雲ばかりが立ち込め成功の兆しは一切ない。

むしろ社会人としてどうかという退廃的生活サイクルを確立しつつある。よもや人生の逆転は出馬一択のアイデアであるように思われる。

 

◼︎訪問者

いまのところに住んで3年になるが、初めて訪れたかすかな気配。控えめなノック、ドアの向こうにそびえるおっさん。NHKの勧誘である。

ありゃりゃ、こりゃ一本取られましたなと思いながら開き直って扉をあけた。

なんの御用で?と聞かなくても目的は会費の徴収である。無断で訪問してきた挙句、無慈悲に金銭を要求してくるのである。

 

だがしかし、無断でのアポなし突撃徴収。私が常に万全のコンディションとは限らない。こちとらソフール(プレーンヨーグルト)2つとホエイプロテインを飲んでおり、お腹や腸内は大航海時代。グランドラインなのか腸の外にひねり飛び出るルートかも分からなくなるほど波が来ていたのである。iPhone8以上のビッグウェーブ。乗るしかない、とかでなく生理現象なので乗らざるを得ない。

 

「すみません、下痢なんです。帰ってもらえませんか?」

 

千載一遇を下痢によって一蹴した。こちらの体調を無視して営業してくるなら出るとこに出てやる構えだ。そして出るものも出てるだろう、その時は。

私は言いたい。契約してもいい、会費も払うよ。だからすんごいでかいテレビ買っておくれよ。そしたら喜んで払うよ。こんどベストコンディションのときに彼が来訪したら、私はそう懇願しようと心に決めている。

 

 

 

 

『残穢』

残穢』 小野不由美新潮文庫 

  

「事故物件」という言葉がメジャーになったのはいつの頃からだったか。この家は、どこか可怪しい。転居したばかりの部屋で、何かが畳を擦る音が聞こえ、背後には気配が漂う。人の居着かない、何の変哲もないマンションなのだが。この部屋には住んではいけない。

続きを読む

システム手帳は間違いなく受けだと思う

人間は、そこに何かがあれば我慢できない生き物だ。箱があれば開けたくなり、山があれば上りたくなる。イザナギイザナミが、身体の余計な部分を体の足りない部分に突っ込んだことから我が国ははじまっているわけで、神様でさえ本能を抑えることが難しいことがうかがえる。

続きを読む