いろは。

手帳・文具中心の雑記系ウェブログ。

システム手帳を使いこなすための覚え書き

質問をいただきました。

夢が叶う場所。

人生の中での嬉しくないビッグイベントを終えましたが、良くも悪くも価値観やものの感じ方、考え方が変ってしまったように思います。とはいえ初めてTikTokの撮影に臨む人みたいにgdgdしていても始まらないのは百も承知。どこかで自分を鼓舞するしかない!そ…

資格を狩る考具

文具の魅力と手帳の可能性をどうにかしてブログで伝えたい。使命感に燃えているわけでもなく、なんとなくそういう無言のプレッシャーをひしひしと感じていました。このブログのアイデンティティーが「エロと下ねたのみ」という、目もあてられない惨状を呈し…

文具と散財

春。桜が舞い散る季節。咲き誇る桜に対抗するかのように、負けじと毛髪も舞い散る。頼むからお前は舞い散らなくていい。少しでも頭皮に居留まってくれ。春は始まりの季節であると同時に別れの季節。別れる異性もいないので関係あるか、と思っていたら、まさ…

『下剋上受験』

『下剋上受験』 桜井信一/産経新聞出版

文具に興味を持ったら、まずシャープペンシルに投資すべき理由

朝、テレビを見ていたらひとりの青年が号泣していました。嗚咽を漏らしながら慟哭をアゲ↑↑といった趣で、どこかのヒッピーかと思ったら逮捕されたとのこと。もう頭部にマミーポコとかウルトラムーニーを装備した方がいいんじゃないの?ってレベルで泣いてい…

S&Wのボールペン

手帳が好きな人は、ある意味必然の流れとしてそれに書き込むペンにも興味をもっていきます。そしていろいろなペンを試しながら使っていると、「ロマンと実用のジレンマ」に往復ビンタされて苦しむ運命にあります。

『科挙 -中国の試験地獄-』

『科挙 -中国の試験地獄-』 宮崎市定/中公新書

音の調べ

ドラマチックな人生や生活でないとしても、情緒豊かに生きていれば日々感性は研ぎ澄まされていきます。その表現の軌跡を残すために、日記やノート、メモなどが大いに活躍して、僕たちの生活を豊かにしてくれます。

『薄いメモ帳』【Abrasus】

最近、頭の様子が心配です。元より貧弱で青びょうたんなおつむであったことは否めないのですが、それを踏まえてみてもやっぱり心配なのです。もしかしたら気付かない内に、とんでもなく大事なものを失っていないだろうか。

茶太『うたたね』

ただでさえ日々、勤労に感謝させられながらコキ使われているというのに、なぜか罵られるという無料オプションが漏れなくついてきます。ここまでいくとドM仕様なのであり、ややMというマックのポテトのサイズ感な僕にとってはキャパオーバーです。

『メモの魔力』

メモの魔力 幻冬舎/前田祐二

Culioro_RHODIAブロックメモカバーの決定版

手帳を使う上で、メモは切っても切りきれない、ただならぬ関係にあります。蜜月の関係であるはずなのに、メモという存在は軽視されがちです。

森の調べ

東京や大阪に住んでいる人はほとんどいない。それが日本の未来ビジョンだったらどうでしょう?

手帳スタートダッシュ2019

あけましておめでとうございます。新年を迎えると同時に、手帳に熱狂しているみなさんも新しい手帳、システム手帳においては新しいリフィルを迎えられたことでしょう。

喪失論

学校っていうのはいつだってそうで、大事なことは情報としてしか教えてくれない。両親の教育は、学校と異なり「知識」を教えてくれる。けれど大人になってからしかそのありがたさに気付けないという点が致命的だ。確かなことは、とかくこの世は生き辛いとい…

『ぼくの住まい論』

『ぼくの住まい論』 内田樹 / 新潮社 多くの武道家にとって、自分の道場を持つことは目標であり夢の一つだ。そんな道場と自分の家とができていくまでのエッセイ集が本書だ。

蛍の光と書店

『蛍の光』が流れ始めたのは40分。実に絶妙なタイミングだったと思う。

クリスマスレポート

気がつけばクリスマスイブまで一週間を切り、世間は聖夜へ向けてラストスパート。獅子奮迅といったおもむきで、恋人をつくろうとあがいているひともいることでしょう。手帳でもアプリでも、12月24日のスケジュールが空白な人は、正気を疑われる世知辛い…

手帳複数冊使いの正体

「世界の終りがもうすぐやってくる」 幼い頃のトラウマっていうのは強烈らしく、二十年以上経ったいまでも覚えています。僕の場合は「ノストラダムスの大予言」でした。もうこれが本当にタチが悪い。

手帳選びで覚えておきたいたった一つのこと

初雪が舞い、息も凍る季節がやってきました。人々は仲睦まじく寄り添って、イルミネーションが飾る大通りを歩く。そんな光景を目の当たりにして、クリスマスとはおおよそ対極の位置にある仏教群鬼太郎系な僕らは五臓六腑的なものがひねりつぶれそうになって…

駒と歯車

彦星と織姫のごとく、ブログやSNSと距離を置かされて早1ヶ月。隔てるものは天の川なんてロマンチックなものではなくて、年末系業務という無慈悲具合。もはやクリスマス目前にして、聖誕祭なのに虫の息という始末です。手帳術が全く役に立たない、物理業務月…

短い生存報告

ようやく怒涛の期間が過ぎ去りました。期間中、Twitterやブログとは悲劇的別離の様相を呈し、まじめなことから卑猥なことまでウンともスンとも情報発信をすることができませんでした。圧倒的物理量を誇るタスクの前では、どんな手帳術も無力と化します。

空っぽの手帳

近所にあるTSUTAYAは、映画や本が選り取り見取りなのだけど、一角に地雷が潜んでいる。アダルトコーナーじゃない。なんと文具売り場なのだ。

あqwせdrftgyふじこlp;@:「¥

やぁ!みんな!お久しぶりだね、さるさだよ。 最近、2019年用の手帳にNOLTYのリスティ2を買ったよ!

序章 決めたる意

かつて「日本」と呼ばれていたころは、お金が税として徴収されていた。その税を財源にインフラや医療制度、年金が運用されていたことは、中学生ならだれでも公民の授業で習って知っている知識だ。みんな当たり前のように覚え、テストで回答し、点数を得てい…

手帳マニアの憂鬱

たぶん人生っていうのは、自分で考えて判断して、その上で行動してこそ幸せになれるもなんじゃないかって思う。行動の結果は失敗であることもあるかもしれない。けれどそれはいずれ、自分で考える際の糧となって還元されるから気にする必要もない。

【質問箱】TODOリストをいつ書くか

【Q】 次の日のTODOリストっていつどんな時間に書いてますか?前日ですか?その日の朝ですか?それとも思い立ったときに落としますか?

自由という拘束

好きなものを好きなように書く。たったそれだけのことなのに、これほど難しいことはない。

バイオハザードみたいな打ちかけのタイプライター

僕の意識が高いことは、いまさらこのブログで明言するまでもない厳然たる事実だ。