いろは。

手帳・文具中心の雑記系ウェブログ。

システム手帳は、カスタムで鈴木杏樹になれるか

 今朝、新幹線を駆けおりて駅構内を出ようとしたところに女性がいた。普段、実生活の中で女性にみとれるなんて経験はなかったけれど、今日は二度見せずにはいられなかった。彼女は駅の改札の前で、時間表示版を見つめていた。

続きを読む

読書について

 まだ幼いころ、ファミリーコンピュータが発売されて大きな反響を呼んだ。ゲームは身近な存在で、その名残りなのか今でも携帯ゲーム機を持ち歩いて遊んでいる。

 「大人になってまでみっともない…」 そう両親から子供へ言い聞かせるかのように小言を頂戴することも珍しくない。まごうことなき、ゲーム世代の人間だった。

続きを読む

書初め 手帳との付き合い方

 新年、明けましておめでとうございます。2017年を迎え、ブログの書初めを執り行うにあたって、気持ちが澄み抜ける空のように晴れ晴れとしています。

 しかし、だからといって清々しい文章が書けるようになる能力に開花するわけもありません。清涼感溢れるピンクテキストしか出てこない、相変わらずの頭を恨むことによって2017年は華々しいスタートを切っています。

続きを読む

シンプルなタスク管理

TENGAの持ち腐れ」ということわざがまことしやかにささやかれていますが、すでに記事の書き出しから滑り出しが絶好調と言わざるを得ません。いい加減、もっとインテリジェンス溢れてかっこいいことを書きたい。そしてあわよくば手帳やノートが大好きな黒髪乙女からアプローチされたい!

 下心100%というのが純粋と言えるのかそうではないのか、自問自答していたら貴重な年末の仕事の一日も、半分が過ぎちゃっていました。

続きを読む

藍玉スタイルからみたシステム手帳の現状

 もうすぐ2016年も終わりを告げようとしています。終りというのは次のはじまりでもあるのですが、なぜだか急にお別れを告げてきた僕の恋人は、そのまま新彼氏の恋人となりまして、終わるも始まるもくそもありませんでした。

 あの日に僕は誓いました。将来、すごい何かになって見返してやる。別れたことを後悔させてやる!そうして気づけば、すごい変態テキストエディターと化していて、後悔どころか「別れて正解だった」と安堵されていそうな人物になってしまったのです。

続きを読む

サンタ業務の委託契約について

 この契約の締結をもって、俺はサンタだと開き直ることができるようになります。ワードでつくりましたので、ご査収ください。

続きを読む

システム手帳論考10_【研究ポスター:すべてをこの1冊に集積せよ】

 12月の師走を迎え、師どころか預金口座の中身も怒涛のダッシュをみせつける今日この頃。皆様におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。

 そろそろ手帳も移り変わる季節。アドレスや仕事の重要な情報などの引っ越しに追われる方も多いでしょう。この度、年末の恒例行事「手帳書き比べ総選挙」において開催された、「手帳文化祭」にて研究ポスターを出展させて頂きました。

続きを読む

『猟師になりたい!』

 

『猟師になりたい!』 北尾トロ/角川文庫

 モンハンXX(ダブルクロス)の発売を控え、X(クロス)の装備強化をはじめた。ニンテンドー3DSの中で、恐るべき兵器を担いでワイルドに駆けまわる自分の分身。銃弾をばらまき、時には巨大なトンカチで殴って、気ままに肉を剥いで焼いて食べる。

 画面の中の自分自身が、縦横無尽に自由を謳歌する様をながめていて思った。ハンターになるしかない。

続きを読む

なぜ、いまアナログなのか

 深夜のテンションという、謎のモチベーションによって記事の更新に踏み切った僕。このブログをシステム手帳の牙城とすべく、空の飛び方とか頭のおかしい記事だけでなく、真面目な考察も書いておかなければならない。

 なぜ、いまアナログへの回帰が起こっているのか。その現状を考察してみた。

続きを読む

空の飛び方について

 ただいま、ショートカットでさばさばしたボーイッシュな恋人と、ネットカフェにて聖夜前の前哨戦を繰り広げている。あろうことか、マンガに読みふけっている彼女を横目に、ここで惜しげもなく披露した前戯的な詳細を事細かにブログに綴ろうと試みたが、やめた。なぜならそんな恋人はいないからだ。

続きを読む