読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いろは。

手帳・文具中心の雑記系ウェブログ。

手帳を解体してまとめてみました

 チラリズムが世の男性共の熱狂するツボを刺激してやまないのは、その秘匿性にあります。スカートというベールが覆っている部分を見てみたい。でも実力行使で見っちゃったら、国家権力の方からも実力行使されちゃう。そんな禁断の領域だからこそ、私たちはなんとかそのワンピース的な部分に突入したい、見てみたいと思ってしまう悲しい生き物なのです。

 

 「絶対領域」という体の部位は、この公共の場と、絶対秘密の禁断領域の境界線であるがゆえに、劣情を大いに刺激してくれます。「あと一歩、だけどその一歩が最後に踏み出せない」。そんなじらしの領域が絶対空間なのです。

 秘密というのは、秘匿性が高ければ高いほど知りたくなるもの。芸能人のゲストを招いて「カバンの中身チェック」という企画がありますが、「あの人の持ち歩いている、普段は覗けない領域」の中にあり、個性を色濃く映し出すものだからこそ見てみたいと私たちは思うのです。

 

 そのようなわけで、今回、「手帳の中身を全裸にして見せ合おうぜ!」という酒池肉林な企画を催し、Twitterの『#システム手帳解体図』というハッシュタグで、手帳ユーザーさんたちの愛憎手帳を解体して、写真で投稿してもらいました。

 

f:id:Salsa0812:20170110135150j:plain

 以前、母親から成人雑誌を机上に暴露されたときには、口から十二指腸的なものが飛び出そうな気配に襲われました。今回の手帳解体図というのは、手帳の中の十二指腸的なものまで引きずり出して解体し、写真におさめたものです。

 当初はシステム手帳で募集したのですが、せっかくのさらけ出す機会。少しでも多いに越したことはなく、また綴じ手帳のみなさんがどんなものを携帯・使用しているのか参考になるとおもったため、手帳であれば特に制限なく募集しました。

 

 結果、たくさんのみなさまにご参加いただいたので、その様子をTogetterにまとめました。

 

togetter.com

 

 いろんなユーザーさんの手帳が解体されている写真たちは必見です!あんなものやこんなものまで。意外なものやかわいいものまで盛りだくさん。中には痴漢とかに襲われたら反撃できそうなはさみまで携帯している人も。

 

 本来はスケジュールやToDo含めた情報のとりまわしのためのツールです。そのため、本質は「何を使っているか?」よりも「何が書かれているのか」の方が大事です。とはいえ、運用にこだわっていけば必ず道具はかさみ、中身にも個性が反映してくるはず!ということで、綴じ手帳の解体図も、おおいに参考になりました。

 

 今年の目標は、シス手研でオフ会や、それ的な何かを開催して、システム手帳ユーザー同士のネットワークを広げられるきっかくを作りたいと思っています。

 また、主宰したハッシュタグ『#シス手研』では、大人気の手帳『ジブン手帳』のシステム手帳リフィル化を望む声が起こっており、こちらも何か協力できればなと考えているところです。

 

 いずれにせよ、今年も「隠さないステルスマーケティング」をテーマに、システム手帳をごり押しして盛り上げていきたいなと思っています。何がどこでどうなるかはまったくわかりませんので、当ブログの方も、ふわふわ風任せで運営していくとします。

 

 ひとまず、取り急ぎ企画のおしらせまで。